中国語
日本料理アカデミー
日本料理学会·中国 定款
笫一章 总则

第一条 (名称) (名称) 本学会の名称は中国語:「日本料理学会・中国」(以下、本学会) 英語名は「Japanese Culinary Academy of China」 通称:JCACとする

第二条 (学会性质) (学会の性質) 本学会は日本料理レストラン、日本料理の研究、日本料理の技術や、和食文化の継承等、日本料理に関わる企業及び事業団体や個人から成り立つ非営利団体である。

第三条 (学会宗旨) (学会の趣旨)中国での日本料理の普及のために様々な活動を行い、科学的に、 日本料理を正しく理解し、普及させ、様々な研究活動を展開する。

第二章 学会组织架构




















第三章 会员

第四条 入会条件、权益和义务(入会条件、権利と義務)
申込した会員の企業と個人は以下の条件を厳守:
1. 本学会の定款に賛同し、本学会の法的な利益と名誉を維持する。
2. 本学会に参加する意欲がある。
3. 自らが入会を希望し、退会は自由とする。
4. 中国共産党の取り組みや基本路線、国家の統一と領土の一体性を支持する;

第五条 会员禁止行为(会員の禁止行為)
1. 本学会の活動に含まれる著作権、商標権またはその他の知的財産権への侵害行為;
2. 本学会の活動で得られた情報の商業的使用;
3. 本学会の運営を妨害する可能性のある行為;
4. その他の個人情報を収集または蓄積する行為;
5. 本学会の名義を勝手に使い、他人を損害する行為;
6. 本学会と関連した業務を利用し、反社会的勢力に直接的または間接的に利益を譲渡する行為;
7. 本学会が不適切と見なし、公序良俗に反するその他の行為。

第六条 入会程序(入会の流れ)

1. 入会申込書と関連資料の提出を行う;
2. 本学会運営事務局から上記条件に従って入会に対しての審査を行い、結果通知を出す。


第四章 理事

第七条 入会条件(入会条件)

1. まず本学会のメンバーであり、会員要件を満たし、会員憲章を遵守しなければならない。
2. 所属レストランの「大衆点評」での評価が4.5星以上。
3. 中国で一定の名声を得ている方
4. 日本人のシェフから専門指導、研修を受けた経験を持つ。
5. 日本政府が実施するプロモーション案件に携わったことがある。
6. 正式会員になって6ヶ月以上、常務理事からの推薦が必要。

第八条 权益和义务(権利と義務)
1. 本学会の定款に賛同し、本学会の法的な利益と名誉を維持する。
2. 理事情報は日本料理アカデミー中国のホームページに掲載する。
3. 本学会の名義、ロゴを使用する場合、必ず運営事務局へ事前申告し、書面にて承認を得ること。
4. 本学会主催の各種研究活動、食育の広報活動等に参加し、科学的手法を用いて日本料理の正しい理解と普及に努め、各種研究活動を行う。
5. 上記書面での承認が必要となる事項は、全て常务理事会からの承認を得てから行うことができるようになる。許可なく本学会の名称やLOGOを使用した場合、発見次第、理事メンバーから除名する。本学会は、これらにより与えられた悪影響及び損失について、当該理事に対して責任を負わせることができる。
6. 理事の有効期限は入会から1年間とし、継続する場合は常务理事会での承認が必要。
7. 自らが入会を希望し、退会は自由とする。退会時には退会報告書を提出し、任命状を返却する。

第九条 入会程序(入会の流れ)
1. 入会申込書と関連資料の提出を行う;
2. 本学会運営事務局から上記条件に従って入会に対しての審査を行う;
3. 審査後、常务理事会にて1人1票制で投票し、70%が同意後に承認とする。
4. 任命状を発行する。


第五章 常务理事

常務理事は、日本料理学会・中国の主要メンバーとして、本定款を遵守すると共に、常务理事会への参加をし、積極的に本学会へ貢献し、リーダーとしての役割を果たしていく。

第十条 任职条件(就任条件)
1. 飲食業界内で高い名声と影響力を持ち、料理に高い専門知識を持ち、過去にミシュラン、ブラックパール、美食林等に選ばれたことがある方。
2. 文化、料理、農業面などの学者、博士で学術的に取り組みに貢献ができる方
3. 理事長以外は、中国国内にいることを条件とする。(常務理事会と個別合意がある場合は除く。)
4. 常務理事の新たな入会は、既存常務理事全員の承認を必要とする。1人1票制を採用し、全員同意して初めて有効となる。

第十一条 权益和义务(権利と義務)
1. 本定款を支持および遵守し、本学会の法的な利益と名誉を維持する
2. 本学会、及び本学会メンバー、本業界、国家の利益を損害しない
3. 本学会から依頼した業務を実施し、関する情報、資料の提出などに協力する。
4. 常務理事の情報は日本料理アカデミー中国のホームページに掲載する。
5. 自覚的に本学会の業務調整に協力する。
6. 本学会の活動に積極的に参加する、食育の広報活動等に参加し、科学的手法を用いて日本料理の正しい理解と普及に努め、各種研究活動を行う。
7. 毎月一回の常务理事会に参加し、常務理事会の仕事をまとめ、研究し、業務上の報告をきちんと聞いた上で積極的に協議を行う
8. 自らが入会を希望し、退会は自由とする。退会時には退会報告書を提出し、任命状を返却する

第十二条 常务理事会(常務理事会)
1. 常務理事会のメンバー構成(決定権の持ちメンバー)理事長、執行理事長、常務理事とする
2. 常务理事会职责(常务理事会の責務)
1) 常务理事会にて決議をおこなう
2) 新任理事の決定
3) 会员の誘致と除名を決定
4) 本学会の展開事業を検討
5) 本学会の規定を策定、改編、改正、更新
6) その他、重大事項の決定
3. 常务理事会决策标准(常务理事会の決定基準) 常务理事会の決議事項は全員1人1票制で投票し、70%同意数を超えた場合しか決議しない (常务理事の入会申請決議は除く)

第十三条 入会程序(入会の流れ)
1. 入会申込書と関連資料の提出を行う
2. 本学会運営事務局から上記条件に従って入会に対しての審査を行う
3. 審査後、常务理事会にて1人1票制で投票し、全員同意後に承認とする。
4. 任命状を発行する。


第六章 会员理事企业

第十四条 入会条件
1. 本学会の理念と定款に賛同する企業
2. 企業の国籍に制限はない。

第十五条 权益和义务(権利と義務)
1. 本学会の定款に賛同し、本学会の法的な利益と名誉を維持する
2. 会員理事企業は、1 つの理事定員を有する。
3. 会員理事企業情報は日本料理アカデミー中国のホームページに掲載する
4. 本学会の名義、ロゴを使用する場合、必ず運営事務局へ事前申告し、書面にて承認を得ること。
5. 本学会の各研究活働、食育公益宣伝などに参加し、科学的方法論に力を入れ,日本料理を正しく理解・普及し、様々な研究活動を展開している。
6. 上記書面での承認が必要となる事項は、全て常务理事会からの承認を得てから行うことができるようになる。許可なく本学会の名称やLOGOを使用した場合、発見次第、理事メンバーから除名する。本学会は、これらにより与えられた悪影響及び損失について、当該理事に対して責任を負わせることができる。
7. 会員理事企業の有効期限は入会から1年間とし、継続する場合は常务理事会での承認が必要
8. 自らが入会を希望し、退会は自由とする。退会時には退会報告書を提出し、任命状を返却する

第十六条 入会程序
1. 入会申込書と関連資料の提出を行う
2. 本学会事務局から上記条件に従って入会に対しての審査を行う
3. 審査後、常务理事会にて1人1票制で投票し、70%が同意後に承認とする
4. 任命状を発行する


第七章 章程修改(定款の修正)
笫十七条 定款の修正は、常务理事会の承認を得て初めて有効になる


第八章 附则(附則)
第十八条 定款は、2020年[*]月に常務理事会の表決の手続を経て可決されると施行される。
第十九条 定款の解釈権は、本学会に属する。
第二十条 連絡方法:
運営事務所:咕嘟妈咪(上海)信息咨询有限公司
電話:+86 (21) 63869797;
メールアドレス:jcac@gudumami.cn




联系我们
電話+86 (21) 63869797
住所:上海市黄浦区淮海東路99号恒積ビル2004室
メールjcac@gudumami.cn
ホーム      |
JCACとは     |
食育     |
理事成员介绍     |
日本料理普及活動     |
運営事務局:ぐるなび上海社
加入      |
(中国語名:咕嘟妈咪(上海)信息咨询有限公司)

中国語   >

咕嘟妈咪   >

お問い合わせ